商品一覧

表示件数:
1 次へ >>

(全商品:42点)

  • 『本願寺教団と部落差別問題ー同朋運動をどう捉えるかー』(岩本孝樹著)
    『本願寺教団と部落差別問題ー同朋運動をどう捉えるかー』(岩本孝樹著)

     同朋運動ブックレット⑬

     本書は、部落差別問題に向き合おうとせず「言い訳」と「ごまかし」に終始してきた教団の姿を浮き彫りにする。同時に、「同朋運動をどう捉えるか」という命題を通して、教団や教団人の欺瞞を喝破していく。

     本書に通底しているのは同朋運動の持つ「批判性」である。形を変えて繰り返し現れる教団の融和主義的主張や取り組み、「めざめ論」、「信仰至上主義」に対し、宗祖の批判性に支えられた同朋運動の歩みこそ、真宗者としての歩みである事を明らかにした書である。

    1,100円
    注文数:
  • 老病死をめぐる医療と差別 ー感染症と優生思想を中心にー(佐々木恵雲著)
    老病死をめぐる医療と差別 ー感染症と優生思想を中心にー(佐々木恵雲著)
    同朋運動ブックレット⑫

    佐々木医師は、一貫して「差別の現実からの出発」に基づき、医療実践を積み重ねてきた僧侶である。本書では特に、優勢思想と感染症差別・「自己責任論」への批判が興味深い。「『感染症は個人をこえた社会の病気である』という視点が必要である」(三、「病(感染症」)。本書は、「老病死」はもはや差別的社会心理・価値観の介入を無視して語られるべきではないという、私たち僧侶への「警鐘の書」であるともいえよう。


    1,100円
    注文数:
  • 同和教育論究 第44号
    同和教育論究 第44号

    ◇目次

     今、改めて「部落差別に正面から向き合う」ということ

     【奥本武裕】

    ◇史料紹介

     近世真宗差別問題史料(十六回)「諸事取調言上帳」(その二。村井博・八木善全・八木定富担当分)

     【左右田昌幸】

    ◇書評

     同朋の会著『同朋教団のかなしみ「寺中」差別の現実から』

     【岩本智依】

    1,650円
    注文数:
  • 同和教育論究 第43号
    同和教育論究 第43号

    ◇目次

     真宗の論理について

     【小笠原正仁】

     根強き差別思想・悪しき業論

     【神戸 修】

    ◇史料紹介

     近世真宗差別問題史料(十五回)史料紹介留役所「伊予諸記」と長御殿「伊予国諸記」(その二止)

     【左右田昌幸】

    ◇書評

     奥田均著『差別のカラクリ』

     【林 史樹】

    1,650円
    注文数:
  • 同和教育論究 第42号
    同和教育論究 第42号

    42森本覚修顧問追悼号

    《目次》

    ◇遺稿

     江戸時代に於ける真宗教学の一体質

     いのち尊し

     近世初期の本願寺教団と被差別民衆の動向

     『法華経』普賢菩薩勧発品における業と差別の問題

     差別・被差別の歴史から明らかになる「信心の社会性」

     【森本覚修】

     森本覚修 年譜

    ◇追悼論文

     感染症と差別そして優生思想 医療の歴史から学ぶ

     【佐々木恵雲】

     旃陀羅の意訳について

     『放光般若経』の夾注をめぐって

      【直海玄哲】

     西光万吉とインド~「神に聴く政治運動」を読む~

      【藤本信隆】

     御同朋の教学から「女人」「根欠」をどう考えるか『入出二門偈』を通して考える

      【岩本智依】

    ◇追悼文

    ◇史料紹介

     近世真宗差別問題史料(十四回)史料紹介留役所「伊予諸記」と長御殿「伊予国諸記」(その一)

      【左右田昌幸】

    1,650円
    注文数:
  • 経典にみる差別語を考える—「栴陀羅」・「女人往生」・「根欠」―(岩本智依・小笠原正仁 共著)
    経典にみる差別語を考える—「栴陀羅」・「女人往生」・「根欠」―(岩本智依・小笠原正仁 共著)
    同朋運動ブックレット⑪
    715円
    注文数:
  • 同和教育論究 第41号
    同和教育論究 第41号
    1,650円
    注文数:
  • 同和教育論究 第40号
    同和教育論究 第40号
    1,650円
    注文数:
1 次へ >>

(全商品:42点)

表示件数: